こんにちは、よこやまです。
理科や社会のテキストを解くとき、

「調べながらやる!」は、まちがいです!!

「まずはオレンジで書き込む」も、まちがいです!!

テストとはインプット(知識を入れること)したことを
アウトプット(脳から紙へ書き出すこと)することです。

それを同時にやることは、効果的であるとは言えません。
むしろ、中途半端にマルがつくだけで、
実は覚えていないということの方が多いくらいです。

勉強してるのになぜか点が取れない・・・

そんな子は、そこから見直してみてもいいかもしれません。
ということで、問題を解く前にまずは「教科書を読む」こと。

 

しっかりとインプットのための時間を作ることが
遠回りのようで最も正しいやり方と言えます。
まなカレ生たちも、その改善指導から入っていきますので
次第にみんなあたり前にできるようになっていきます。

 

 

調べながらやっていいのは下の写真のような時だけです。


それは一度取り組んで、出来なかった問題に取り組む時です。
そういうときは調べたことが脳に吸収されていきます。
理由は簡単、
アタマを使った勉強モードになっているから
です。
最初から調べて取り組むのは実は
アタマを使った気になっているだけの作業をしているだけ
なのです。
あなたは(お子さまは)作業ではなく勉強をしているでしょうか?
北部中はテストまであと2日です。
宮田中はGET週間に入りました。

あたまの中にゴール(目標)を描いて、
そこから逆算して取り組んでいきましょう☆ミ