こんにちは、よこやまです!!

「 ここは、こうしておいて! 」

「 これをやっておいて! 」

「 こういう風にやりなさい! 」

子供たちの勉強に対しても、そして仕事でも
相手に何か行動を要求することがあります。
でも、期待した結果、成果を得られないことが多々あります。

なぜ、言ったことが相手に伝わらないのか?

なぜ、言ったとおりにやってくれないのか?

なぜ、こんな風にしかできないのか?

僕自身、そう思うことが多々ありました。

 

だから考えに考えて、今はこうするようにしています。

これはね、~になるようにしたいんだ。

でも、今は~のような現状で、うまくいっていない。

だから、~する必要があるんだよ。

そこで、~になるために~しよう!!

具体的には~してほしい!!

 

まとめると

理想を共有してから、現状の問題点を共有する。

そのために必要なことを確認する!!

そして最後に目的を確認してから具体的な方法を伝える!!

 

ということです。

ここまで伝えると、相手もその行動の必要性や、
向かう成果・結果のイメージが出来ます。
だから、こちらが期待した行動をとりやすくなります。

「これをやって」と伝えているのに

なぜ、上手くいかないのか?

それは「方法だけを伝えていて、それ以前のなぜ?を共有できていないから」

そしてその先の「これをやってどうなる!」というゴールが共有できていないから!

かもしれません。

まなびカレッジでの学習指導では、そういったことにも注意して進めていきます。