こんにちは、よこやまです!!

僕は、初めてお会いした方から職業を尋ねられた時に

「学習塾ですよ」とお答えすると、とても驚かれます!笑

「いや、全然そのようには見えませんね!」

いったいどのような意味で言われているのでしょう?笑

しかし、それに続けてよくこのようにお答えします。

え、そうですか?趣味は勉強ですよ!!

ヒマな時間があれば微分と積分をして遊んでいます!!

と。

そうすると大抵の方からは冗談だと理解して笑っていただくことが出来ます。

しかし、先日はこのジョークを出すことが出来ませんでした。

なぜなら、その方の経歴が

・ 滝中→滝高

・ 東京大学(文Ⅰ:法学部)

・ 職業:弁護士

なのです。

その方こそジョークでこう仰っていました。

ヒマだったんで勉強ばかりしていたら東大に入っていました!笑

おいおぃ、これで僕はもう何も言えませんね。笑

そして、続けてこうも言っていました。

まぁ、勉強ばっかり出来てもしょうがないんですけどね!

この言葉の説得力というか言葉の影響力、ハンパないですね。

でも、内心では絶対にこうも思っているはずです。

でも勉強は出来た方がいい!

 

 

勉強することで得られるものの一つに次のステージの環境があります。

小学校、中学校までは平等で似たステージが多いのですが

その先では大きな差が生れてきます。

刺激し合える人間が多く、情報が多いステージに進むことは

人生を物心両面から豊かにするうえでとても大きな財産になります。

人は「わくわく」や「挫折」や「よろこび」の大きさに比例して成長していきます。

その効果をより大きく受け取ることが出来る環境はどこにあるのか?

そんな風に考えてみるのもいいかもしれません☆ミ