こんにちは、よこやまです!!

GET週間(定期テスト対策期間)に入りました。
まなびカレッジでは、日頃は一斉指導を中心とした指導を展開していますが、
しかし、そういった授業だけでは勉強は身につきません。

毎日、必ず復習のための問題演習の時間があります。
そして、その時間は講師が一人ひとりの机を順に回っていくことが基本です。

決して「手を挙げた生徒のところへ行く」というスタイルではありません。
それだと、手を上げる子ばかりが優遇されてしまうからです。

子供たちは一人ひとり性格が異なります。
質問しにくいという子もいます。
だからルートを決めて順に回っていくことで、
その不平等をなくすように心がけています。

また、そうした指導の際には立ったままではなく
腰をおろして指導することも大切です。
目線が生徒よりも下に置くことが重要だからです。
それは
「上から目線にならないようにするため」
「問いかけるように指導するため」
「聞いている生徒の表情で理解を確かめるため」
です。

上からでは見えない表情も下からなら見ることが出来ます。
また心理的にも相手が自分よりも下にいる方が
圧迫感がなく安心感も生まれやすいです。

そうしたことを念頭に置いて
一人ひとりへの指導をしていきます。

GET週間、がんばっていきましょう☆ミ