こんにちは、よこやまです!

「阪神、金本監督辞任」というニュースがありました。

 

① 世間でよく「今の子は」「今の時代は」って・・・

辞任会見の中で、「あぁ、そうだよなぁ」

と思わされる言葉がありました。

それは、

世間でよく「今の子は」「今の時代は」って言われるけど

(中略)

僕らも若い時にそう言われてましたから。

だからそういう、今の子だからこう扱わなければならないっているのは

正直、ウチの選手に関してはなかったですね。

みんなガッツあって、素直に言うこと聞いてくれたりとか。

ガンバッテて、僕はそう感じるんですけどね。

だって僕ら20歳の頃は新人類って言われてましたから。

 

 

② 僕も概ね同感です。

今の子たちが、僕の頃と比べて全く同じだとは思っていません。

ただ、僕たちも若いころはそう言われていたなと思うのです。

一心にスポーツに打ち込んできたプロ野球選手とウチの塾生たちとでは

比べることが少し違うとも思うんですけど、

今の子だからダメだ!とかそういうことは思いません。

 

 

③ 大人がちゃんと教えるかどうかが大事!

でも、そこできちんと伝えるかどうか、教えるかどうかが大事です。

ちがいはあっていいし、今の子たちの方が優れていることもあれば、

やっぱり、なくしかけている大切なこともあると感じます。

だから、そこをしっかりと見極めつつ、言うことは言う、

やらせることはやらせる!

妥協しないことは妥協しない!

という姿勢を常に胸に留めておかねばならないですね。

 

 

④ プロの世界は厳しい!

今秋、セリーグは3人の監督が辞任を表明しました。

巨人の高橋監督、阪神タイガースの金本監督、

そして中日ドラゴンズの森監督です。

スポーツの世界、ましてやプロともなれば、嫌でも出る結果がすべてです。

その結果に対して責任をとらなくてはいけません。

本当に厳しい世界です。

でも、それは僕たちにもあてはまります。

命よりも大事なお子さまと、命の次に大事なお金をいただいています。

結果にコミットする!!

中間テストが終わったばかりで、全ての結果が出ていませんが、

その想いを講師全員で再確認し一日一にを大切にしていきたいと思います。