こんばんは、あかつかです。



「成績を上げる方法」

これは、誰しも知りたい情報です。お子さんのことを思っている親御様であれば尚のこと知りたいことでしょう。



世間には、塾に通っている生徒とそうでない生徒がいます。

もし、「塾に通う=成績が上がる」という論理でいくと、

塾に通っていない生徒は一律、学年順位や成績の中では下から数えた方が早い、

ということになります。


とはいえ、決してそうではないということは、このブログを読んでくださっているあなた自身も存知かと思います。



では、塾に通っていなくても成績を上げるためには、どんなことが大切になってくるのでしょうか。


お分かりのとおり、「授業をしっかり聞くこと」「宿題を丁寧にやること」

まずこの2点が大前提です。



わざわざ学校側が、授業のペースに合わせ宿題を出してくれているというのは、

「知っている→わかる・できる」へ持っていくための親切な行為と捉えることができます。


もちろん、その全てが本当に為になっているかどうかは見極める必要はあります。


しかし、授業も聞いておらず、宿題も適当に取り組んでいる生徒が、

果たして成績が上がる可能性はあるでしょうか。



「練習の時こそ、本番のように取り組む。」

という言葉は、親御様の世代であればよく聞いたことと思います。


普段、不真面目に取り組んでいて、本番の時だけ結果を求めても、必ずどこかでうまくいかなくなります。


そういった小さな部分を少しずつ修正していく場が塾でもあります。



当たり前のことを当たり前にやる

ということほど難しいと日々感じていますが、



その当たり前の徹底を、丁寧に、今後も取り組んでまいります。