こんばんは、あかつかです。


先ほど、 GET週間初日が終了しました。

そんな中感じた、

自分の考えを持ち、少しずつ大人になってきた生徒を見て

感じたことをシェアします♪



特に中3ともなると、ある程度自分で考え行動できる子どもが増えてきます。

もちろんまなカレの生徒も例外でなく、

自分で考え行動できる子ばかりで感心しています。



ただここで、注意していないと気づかない

落とし穴があると思っています。


それは、

『自分がやっていることは正しい』と思い込んでいる

こんな状態に陥ってしまうことです。

しかも怖いのは、これは子どもも無意識に行なっていたり、

悪気なくそうなっていることがほとんどだ、ということです。


気づかぬうちに道を少しずつ逸れていき、

気付いた時には周りと逸れ、元の道に自力では戻れない状態になってしまいます。



ご家庭でも全く同じことが言えるのが、

「あれ、なんか変だな」

「最近のこの行動はおかしいな」


そう感じた時にぜひやっていただきたいこと、それは、

『ありのままの事実を伝えること』


・部屋に服がたくさん落ちてるね

・ゴミ捨ててないね

・今日も遅れてきたね

・手が止まってるね

・靴が乱れてるね


こういった形で、誰が見てもそうだ、と言える内容を伝えていく必要があります。

要は、自分自身を客観的に見させる、ということですね。


その上で、子どもが仮に目指しているものがあるとしたら、

その目指している先に向かうにあたって、

『客観的に見た自分を見て、子どもはどう感じているのか』

『感じた上で、次どんな行動をするべきか』


ここをぜひお話してもらいたいです。


『◯◯◯しなさい』ではなく、

いかに客観的な事実を伝えられるか。


こんなコミュニケーションを意識して、

ぜひ活用いただければと思います!!


明日もまた生徒が来ますが、

たくさんの課題も楽しみながら取り組んでいきます✨



あかつか