こんにちは、あかつかです。





日々、昼も夜も頑張っている生徒たちですが、

中でも、夜に来て個別で指導している生徒の成長が目覚ましいと感じています。



要所要所で授業を休むことが多く、その遅れを取り戻すための時間なのですが、

こちらの想像を超えてくる努力と進歩を見せてくれています。




先日は、朝から部活をやり、その後に学校の大掃除があったそうで、

それから一旦帰宅したのちに13時半から塾で勉強。


夕方で一旦休憩を挟み、夜も19時からフォローアップの時間にちゃんと来て取り組んでいます。




今までやってきた『量』が圧倒的に少なく、成績もあまり上がっていなかった生徒でしたが、


この冬休みの演習を重ねる中で、確実に変化が現れてきています。




そんな姿を見てか、他の生徒も集中する時間がとても長く、

自力で黙々と取り組む生徒が増えたように感じています♪





『自分はやればできる人間だ』

こう思う感情のことを「自己効力感」と言いますが、


これは、チャレンジした回数や、物事の達成経験に比例してきます。




最初は難しく感じていた問題も、

継続して粘り強く取り組むことで、

「やった→できた」につながっていきます。




その経験を、冬季講習の間に得られたことが、

点数や成績以上に大切なことだと感じています♪







授業の終わりに生徒がボソッと、そして少しはにかんで、


「英語、好きになってきた!」



その言葉がとてつもなく嬉しかったです♪